1分でわかる!「マルチ電子マネー」ってなんだ?

マルチ電子マネーとは

多くの企業が参入したこともあり、電子マネーは社会に広く浸透しました。しかし、1つの電子マネーで全てがまかなえるわけではありません。マルチ電子マネーとは、複数の電子マネーを使えるようにしたシステムです。例えばA社の電子マネーは、A社関連企業や提携企業でしか使えません。A社でB社の電子マネーを使うことは基本的にできないのです。しかし、電子マネーシステムをまとめることで、A社とB社の電子マネーを使うことができるようになります。
電子マネーのデメリットとして、一度チャージしたお金は利用可能店舗でしか使えない点です。A社とB社の電子マネーを持っている場合、どちらかにしかチャージしていなくても、マルチ電子マネーを導入している店舗なら電子マネーを使うことができるのです。

マルチ電子マネーってどう導入すればいいの?

電子マネーを導入するためには、電子マネー発行会社の加盟店になる必要があり、手間がかかりそうですよね。また、いくつも加盟店契約をするのは大変そうです。マルチ電子マネーは基本的にレンタルで使用することができます。元あるレジに導入することもできるので、大きな手間や初期費用が莫大にかかることはありません。また、短期レンタルを行っている企業もあるので、屋外イベントなどにも導入が可能です。電子マネーを利用すれば、面倒なおつりのやり取りがいりません。また、消費者はお金がなくても、電子マネーにチャージをしてあれば買い物をすることができます。利便性が高くなれば、お客のニーズに応えられるので、集客につなげることができるでしょう。