現金との違いって?電子マネーの種類と特徴

すべてデジタル処理で決済が行われる電子マネー

電子マネーがどんどん普及していますが、現金ではなくわざわざ電子マネーを使う意味がよくわからないということで、現金を使い続けている人も多いでしょう。では、電子マネーは具体的にどの辺が現金とは違い、特徴や種類にはどういったものがあるのでしょうか。
まず、現金との一番の違いを挙げると、すべての決済がデジタルデータ上で処理されるという点です。コンビニで代金を払う場合を例に挙げると、現金の場合、基本的には硬貨や紙幣などを店員に渡します。その金額を店員が手入力でレジに打ち込、お釣りがあったら返すというアナログ的な処理の末、決済が終了します。
しかし、電子マネーの場合、カードや携帯などに記録されている残高データをレジが読み取るという形で決済が行われるため、紙幣や硬貨を店員と客がそれぞれ渡すということはありません。

加盟店に持っていかなければ使えない

では、電子マネーの種類はどのようなものがあるでしょうか。電子マネーの種類とは、サービスを行っている会社ごとに分かれることになります。鉄道会社が発行しているものだったり、コンビニ会社が発行しているものなどがあり、それぞれ、現金をチャージする方法やカードの見た目が違います。
特徴として挙げられるのは、まず、加盟店でないと使えないということです。一万円札であれば日本全国、どこの店に持っていってもそれがお金であると認識してくれるはずですが、電子マネーの場合、一万円がチャージされているカードであっても、加盟店でなければその価値を認めてくれることはありません。
また、電子マネー同士でやりとりをするのも基本的には無理です。Aという電子マネーをBという電子マネーに両替するということはまずできません。