初めてでも失敗しない!電子マネーの使い方

チャージする金額をコントロールする

電子マネーの使い方はそれほど難しいものではありませんが、使い慣れていない人だと失敗をしてしまう可能性はあります。では、どういった点に注意して使えばいいのでしょうか。
まず、電子マネーは基本的に現金をチャージする、つまり、現金を電子マネーに両替することで使えるようになります。ここで注意しなければならないのは、その逆はできないということです。一度、電子マネーとしてチャージしてしまうと、それを現金にすることはできません。なので、必要以上の現金をチャージしないように注意しましょう。たとえば、海外から一時帰国して現金を交通用の電子マネーとしてチャージした場合、一万円分チャージしたのに使ったのは千円分だけで、残りの九千円分は電子マネーのまま、海外に戻る羽目になるということもあり得ます。

決済時にいくら引かれたのか必ず確認しよう

カードにチャージするタイプの電子マネーの場合、決済時はカードを機械にタッチさせるのが普通です。このとき、必ずいくら引かれたのかを確認するようにしましょう。というのは、店員が手動で代金を入力して決済するパターンの場合、ボタン操作のミスで本当なら代金は千円なのに一万円払うことになってしまったといった風に、余計に引かれてしまうということがあるからです。
また、カードを財布に入れたままにしてタッチする場合、うまく認識されないことがあります。原因としてよくあるのは、電子マネーのカードを複数枚、財布に入れているというものです。なので、何度タッチしても認識されない場合は、財布からカードを取り出して直接タッチするようにしましょう。