簡単?難しい?マルチ電子マネーの導入方法

顧客サービスの向上につながる

電子マネーでの支払いが一般化しており、その利便性の高さから多くの人が商品代金の支払いに電子マネーを使っています。ただ、お客さんにとっては支払いの楽な電子マネーですが、対応する店のほうは電子マネーの会社ごとに違う機械を設置する必要があるので大変です。特にレジ周りは限られたスペースであり、そこに複数の機械を設置するのは難しいです。そこで、導入におすすめなのが複数の電子マネーの決済を1つの機械を設置するだけで対応できるマルチ電子マネーです。レジ周りにたった1つの電子マネー用のレジを設置するだけで、色々な種類の電子マネーでの支払いが可能になるのでお客さんへのサービスを高められます。それによって、今まで機械の問題で対応できなかった電子マネーのお客さんを断る必要がなくなるので店側にとっては利益を逃す機会を減らせます。

導入する際には各社のサービス内容をよく比較すること

商品を購入するお客さんにも、商品を売る店側にもメリットのあるマルチ電子マネーの導入ですが、このサービスを導入する際には各会社が提供しているサービス内容をよく比較して選びましょう。各会社が提供しているマルチ電子マネーの仕組みは、ほぼ同じですが対応している電子マネーの数に違いがあり、メジャーな電子マネーは対応していることが多いのですが一部の人しか使っていない電子マネーだとオプションで追加しなくてはいけない会社もあります。また、導入にかかる費用も各会社ごとに異なり、マルチ電子マネーのサービスを提供しているある会社では、電子マネー決済の1本化だけでなく、顧客管理や新規顧客開拓のためのデータを集められるサービスを提供しています。共通しているのは、マルチ電子マネーを導入する際に設置する機械は回線工事の必要がなく、コンセントさえあればすぐに設置できるので非常に簡単です。